タレントマネジメントのシステムの特徴や実用性について|The ITAM
HOME>記事一覧>タレントマネジメントのシステムの特徴や実用性について

タレントマネジメントシステムの特徴

近年注目されている、タレントマネジメントを行うシステムサービスの特徴は、豊富で幅広い機能を使ったマネジメント力です。例えば、従業員の人材管理システムの構築や人事業務のシステムの標準化などを行うことが可能です。また、webにも対応したアーキテクチャを使うこともできます。その他のできることについてもリストを見ていきましょう。

タレントマネジメントシステムでできること

  • 人事管理
  • 給与管理
  • 就業管理
  • webサービス

計画~未来の形が見える~

会議室

多くの人が一度は夢見るタレント業。雑誌やテレビなどのメディアに登場している華々しいタレントたちに憧れを抱くものは少なくない。しかしその舞台裏には、本人はもちろんその周囲の働きが欠かせない。タレントとしてどのような人材を発掘するのか、どのような将来を展望して育てていくのか、わかりやすく、かつ本人が目標に向かって進んでいけるかどうかは、周囲の関係者の力量によって大きく左右される。タレントマネジメントは単にそのタレント自信をどう売り込んでいくかというのみならず、事務所としての方向性やスタンスを明確にした上で、発掘・育成する人材を見つけ出し、タレントと共に協議しながら将来的なゴールを目指していくことが必要である。事務所側の都合や本人の意思と相反する計画を立てると総崩れとなる。本人の意思を尊重しつつ、事務所の経営面と上手くすり合わせていくことが結果として相互利益につながる。

組織化~チームワーク~

会議

事務所の方向性、タレントの発掘と育成の計画が立てば、次の段階としていかに効率的に進めていくかということが不可欠な課題となる。タレントマネジメントは一人のマネジャーのみが動いて為せるものではなく、適材適所関係者との連携により為るものである。一人のタレントを売れるまで育て上げるには、「チーム○○(タレント名)」として組織化しチームとして運営していくことが求められる。

統制~まとまりある夢~

会議

一人のタレントを育て上げ、メディアで露出されるとその事務所のカラーが決まる。世の中の印象は大事にすべきであり、一人大成する者が出ればタレントマネジメントは成功と言って過言でない。それを1つのモデルとし、次なるスターは計画・組織化のプロセスを経て慎重にマネジメントを進めていくことで育成可能であることを経験済みだ。事務所としてのカラーを定め、まとまりある夢を目指すことでスターのつぼみは自然と集まる。

広告募集中