信頼を失わないために!アルコールチェッカーを取り入れよう!|The ITAM
HOME>Utility>信頼を失わないために!アルコールチェッカーを取り入れよう!

目次

チェックは義務

運送業者は安全を確保するために、運転をする社員へのアルコールチェックが義務になっています。その検査にかかる手間を簡単にしてくれるのが、アルコールチェッカーという専用に開発された機器です。検査には数秒程度しかかからず、アルコールが身体に残っていないか反転してくれる機器なので、仕事の邪魔をすることもありません。法律で決まっているため、ペナルティを受けたくないのなら絶対に導入しましょう。

社員の意識を上げられる

個人によってアルコールが身体に及ぼす効果は異なるため、同じ量を飲んだとしても、それぞれの検査結果に違いがある場合があります。アルコールチェッカーを利用していれば、自身がどれくらい飲酒をすれば、身体に残った状態になるか分かります。そのため、飲んでいる段階で、ある程度の自制が働くようになるので、社員のアルコールへの意識が上がるといえるでしょう。

保守も義務

運送業者はアルコールチェッカーを導入するだけではなく、きちんと動いて正しい判定をする状態を保つようにしなければいけません。アクシデントがあったときに壊れていたという言い訳はできないので、いつでも正しい判定結果がでるようにしておきましょう。メンテナンスの方法は、アルコールチェッカーを購入したメーカーに尋ねれば、詳しく教えてもらうことができます。

法人で人気の機器を買おう

運送業者のアルコールチェッカーとしておすすめなのが、多くの法人で採用されている機器です。厳密なアルコールチェックが必要な法人の多くで使われているのなら、判定が確かなので不安なく利用できます。

広告募集中