プレゼンで役立つ!ワークフローのメリットとは?|The ITAM
HOME>記事一覧>プレゼンで役立つ!ワークフローのメリットとは?

目次

理解するために

男性

業務を行っていくときに何も準備しないで手探りで作業を進めていくと、何が何だかわからなくなってしまうかもしれません。そこでワークフローを作成すると理解が早くなります。

感覚的に理解できる

PC操作

ワークフローは業務の一連の流れを、図を使いながら分かりやすく人に説明するためのものです。他の人に仕事を説明するときに、口頭や文章が出だと伝えづらいことがあります。特に作業の工程が増えてくると聞いているほうは分からなくなってしまうかもしれません。そこでワークフローを使えば図を見ただけで、感覚的に理解できるようになります。このほうが人に説明しやすいでしょう。

様々な表記方法

ワークフローを使うといっても、ワークフローにも様々な書き方があります。矢印を使って簡単に示すものから、図を多用したものまで様々です。表記方法によってメリットやデメリットもあるでしょう。どれを使って表記すれば分かりやすくなるかは、どのような工程を説明するかによって変わってきます。自分が最も必要だと考えられる形態を様々な角度から検証してみることをお勧めします。

文字数に注意

ワークフローでは文字をどのぐらい入れるのかも考えてみると良いです。文章量が増えてしまうと、ワークフローを使うことのメリットが薄れてきてしまいます。こうなるとただの文章になってきてしまう可能性がありますので注意です。必要と考えられる最低限の言葉だけを表記して、後は補足で上手く説明できるような形にしたほうが、相手から見ると理解しやすくなるかもしれません。

広告募集中